腫瘍マーカー

腫瘍マーカー(しゅようマーカー)とは、癌の進行とともに増加する生体因子です。癌には多くの種類があり、その癌により特徴的な物質を産生します。そのような物質のうち、血液中で測定可能なものが腫瘍マーカーとして癌の発見に使われています。
多くの腫瘍マーカーは健康人であっても血液中に存在するので、腫瘍マーカー単独で癌の存在を診断できるものはごく少数であるといわれています。しかし、癌患者の腫瘍マーカーを定期的に検査することは、再発の有無や病勢、手術で取りきれていない癌や画像診断で見えない程度の微小な癌の存在を知る上で、確実ではないが有用な方法です。

PSA
(男性のみ)
前立腺癌のとき血清中の量が上昇します。炎症(前立腺炎)や、前立腺肥大症などでも上昇することがあります。
CA125
(女性のみ)
卵巣癌で特に数値が高くなり、初期の癌でも高率に陽性を示します。卵巣癌はその大半が自覚症状に乏しいため、診断が困難で、発見された時には進行している場合が多いといわれています。
卵巣癌の腫瘍マーカーとして、また経過観察、再発の予知などの指標として利用されています。
CEA 大腸、胆嚢、膵臓などの主に消化器系悪性腫瘍で高値になりますが、肺、子宮の悪性腫瘍などでも高値を示します。
癌以外の疾患では、肝硬変、慢性肝炎、胃潰瘍、肺気腫などで高値を示すことがあります。
αFP 肝細胞がん、転移性肝がんなどで高値を示します。肝硬変や慢性肝炎などでも高値を示すことがあります。
CA19-9 膵癌や進行した胆嚢・胆管癌で特に高値を示します。癌以外の疾患では急性・慢性膵炎、慢性肝炎、肝硬変、胆管閉塞、糖尿病などで高値を示すことがあります。

戻る