心臓血管外科

心臓血管外科のご紹介

 心臓血管外科の主たる治療としては、成人では冠動脈に起因する狭心症や心筋梗塞に対する冠動脈バイパス術や左室形成術。心臓弁膜症に対する弁置換術や弁形成術。胸部や腹部の大動脈疾患(大動脈解離や大動脈瘤)に対する人工血管置換術。心臓腫瘍に対する外科的切除術などがあります。小児では種々の先天性心疾患に対する手術治療となります。開胸や人工心肺、呼吸管理などに関しては、より低侵襲な手術管理となるための様々な工夫もしております。また大動脈疾患に対するステントグラフトを使用した血管内治療も積極的に行っています。
 新宿にある榊原記念クリニックでは、循環器内科医、循環器小児科医と連携して術後の循環器疾患患者さんの外来管理以外に、手術前の患者さんの今後の手術適応について検討しております。実際は、入院施設と多くの先端機器を配備している府中市の榊原記念病院での外来検査や入院検査により手術の適応を検討しております。榊原記念病院での手術件数は日本トップクラスを誇っており、多くの紹介患者を診療している現状であります。