末梢血管外来

末梢血管外来のご紹介

 末梢血管外来の診療対象は、主に上肢下肢の動脈や静脈に関連した疾患であります。近年、高齢化により上肢や下肢の血管系の病気が増えています。腹部大動脈瘤(一部は心臓血管外科領域)、閉塞性動脈硬化症、閉塞性血栓血管炎(ビュルガー氏病、バージャー病)、急性動脈閉塞症、下肢静脈瘤、下肢静脈血栓症、下肢浮腫(リンパ浮腫)、透析シャントトラブルなどが主たる疾患となります。
 新宿にある榊原記念クリニックでは外来での診察と心臓超音波検査や動脈硬化(PWV/ABI)検査および内科的な薬物治療を主に行っております。また静脈瘤のレーザー治療については新宿の外来でも施行しております。それ以外の専門的な検査や、CTやMRIを使用した造影検査、カテーテル検査および治療、外科的な血管のバイパス治療(血管内ステントグラフトも含む)は府中市の榊原記念病院で施行していただくようになっております。末梢血管疾患は合併する他の疾患も多く、それぞれ専門とする心臓血管外科、循環器内科の医師と共同して治療することも多くなっております。