睡眠時無呼吸外来

睡眠時無呼吸外来のご紹介

 睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠中に呼吸が止まった状態(無呼吸)が繰り返される病気です。いびきや起床時の頭痛、日中の眠気や倦怠感などの症状があります。また、高血圧の他、不整脈などの循環器系の障害、呼吸器系の障害などの合併症を引き起こすこともあります。榊原記念クリニックでは睡眠時無呼吸症候群の診断として簡易検査を実施しております。簡易検査は検査機器を貸し出し、ご自宅で測定していただきます。さらに必要のある方は、精密検査を府中市の榊原記念病院に1泊入院していただき検査をしております。新宿の外来では睡眠時無呼吸症候群と診断された患者さんの外来管理を行っております。