循環器内科

循環器内科のご紹介

 循環器内科の主たる診療対象は虚血性心疾患、弁膜症、不整脈、心筋症など多岐に渡ります。循環器疾患の治療は薬物治療が主でありますが、外科的な治療が重要であることには変わりありません。また近年ではより低侵襲なカテーテル治療の種類が増加しており、多くカテーテル治療は外科医のバックアップのもと内科医が施行している現状であります。
 新宿にある榊原記念クリニックでは循環器疾患患者さんの外来管理以外に、治療(薬物、カテーテル、手術)の適応を判断するための紹介患者さんが多くなってきております。実際は、外来での診察により患者さんの病態と病状を把握し、新宿外来以外に入院施設と多くの先端機器を配備している府中市の榊原記念病院と連携し治療を行っております。