ホルター心電図

日常生活での心電図を24時間連続記録する検査で、不整脈の診断や狭心症発作時の特有な心電図変化を記録できます。一日の中でどんな時に心電図がどのように変化するか、また症状があるときに心電図がどのような変化をしているかを調べます。

検査方法

胸に5箇所の電極を絆創膏で貼り付け、記録装置(約200g)をストラップやベルトで体に装着して生活します。
一日の行動記録を専用の日記に記録していただきます。
2日連続でご来院いただき、スタッフが取り付けと取り外しを行います。
取り外し日は決められた時間までにお越し下さい。

所要時間

取り付け:約20分
取り外し:約5分

検査結果について

検査結果が出るまで約1週間かかります。
(ペースメーカを植え込みしている場合2週間かかります)

kensaka2

☆検査を受けられる方への注意事項☆

  • 胸毛のある方は、事前に剃ってきて下さい。
  • ニトロダームテープなどの貼用剤を胸に貼っている場合、状況によりはがすことがありますので、胸以外の上半身に貼ってくるか、もしくは予備のテープを持参して下さい。
  • 胸元の大きく開いた服装は、電極が見えますのでお控え下さい。
  • 女性の方はワンピースや和服は避けて下さい。
  • 取り外し日は決められた時間までにお越し下さい。
  • 取り付けの場合、予約時間の15分前までに受付で手続きをして下さい。

《取り付け中》

  • 胸を濡らす行為(入浴・シャワー・水泳)はできませんが、他は運動を含め日常どおりに生活して下さい。
  • 携帯電話は記録装置から30cm以上離してご使用下さい。

《取り外し時》

  • 絆創膏にかぶれた場合は、当クリニックで可能な処置を行います。状況によっては皮膚科の受診をして頂く事もあります。
  • 受付の手続きは必要ありません。