検査科

心臓超音波検査

胸に超音波(エコー)のプローブをあてて、心臓の大きさ、動き、心臓の筋肉や弁の状態、血液の流れなどを観察し、心臓病の診断や治療方法の選択、治療効果の判定、手術時期の決定などにも役立ちます。超音波は人に聞こえないような高い周波数を利用して、心臓の動きを見ることができ、体には無害です。
詳細ページ
ホルター心電図

日常生活での心電図を24時間連続記録する検査で、不整脈の診断や狭心症発作次の特有な心電図変化を記録できます。
一日の中でどんな時に、心電図をどのように変化するか、また症状があるときに心電図がどのような変化をしているか調べます。
詳細ページ
トレッドミル検査

運動に対する心機能をチェックする検査です。虚血性心疾患の診断や、治療効果の判定、運動による不整脈の増減などを検査します。
詳細ページ
心肺運動負荷試験検査

運動中の心臓の機能と肺の機能を両方同時に測定する検査です。 心臓については主に心電図により狭心症、心筋梗塞など心疾患の有無や程度を判定し、心臓のポンプ能力を調べます。また心臓に病気を持っている方や、高血圧や糖尿病で運動療法が必要な方の、心臓に負担をかけずに安心して実施できる運動の強さがわかります。
詳細ページ
頚動脈エコー

頚動脈とは、心臓から押し出された血液を脳に送り届ける為の最も 大切な血管です。その動脈の太さや走行、血管壁の状態(硬さや血栓の有無)や血流速度を超音波で観察する検査です。この検査により、動脈硬化の程度や血管の走行異常、狭窄が診断できます。
詳細ページ
動脈硬化(PWV/ABI)検査

脳血管、心血管疾患や閉塞性動脈硬化症、高血圧や糖尿病による心血管障害など総合的な動脈硬化をみる指標になります。
PWV(脳波伝播速度)は血管の硬さの度合いを表し、ABI(上腕と足首の血圧比)は下肢血管の詰まりの度合いを表します。
詳細ページ
24時間血圧測定検査

日常生活の中での一日の血圧の変化を調べます。血圧は、環境、行動、ストレスなど色々な原因で常に変動しています。そこで血圧の変化(日内変動)を知り、降圧剤の効果判定など治療に役立てる検査です。
詳細ページ
腹部超音波検査

この検査は、主に肝臓・胆のう・腎臓・すい臓・腹部の大動脈を観察する検査です。腹部の腫瘍や脂肪肝、胆石、胆のうポリープや腎結石、腹部大動脈瘤などさまざまな病気がわかります。超音波は人に聞こえないような高い周波数を利用して見ることができ、体には無害です。
詳細ページ
末梢血管エコー検査

心臓・冠動脈を除く、全身の動脈や静脈を総称して、末梢血管といいます。血管の太さや走行、血流の状況、血管壁の状態(硬さや血栓の有無)を観察します。
詳細ページ
終夜ポリソムノグラフィー簡易型検査(PSG)
終夜ポリソムノグラフィー簡易型検査
PSGとは、終夜ポリソムノグラフィー簡易型検査といい、睡眠障害、睡眠時無呼吸(睡眠時無呼吸症候群)の有無を調べる簡易検査です。
詳細ページ