お薬について

院内に薬局があります
当クリニックではクリニック内に薬局があり調剤業務を行っていますが、ジェネリック医薬品や一包化など患者さんのご希望により院外処方せんの発行もおこなっています。ご希望される方はお気軽にお申し出ください。

調剤

薬剤科では医師の指示に基づき、発行された処方せんに記載されたお薬の量や服用・使用方法、飲み合わせなどの確認し、内服薬・外用薬の調剤をおこないます。

情報提供

お薬が適正にかつ安全に使用されるように様々な情報を収集して院内の各職種や患者さんに向けて情報提供をおこなっています。

服薬指導

お薬が初めて処方された時、お薬が変わった時など必要に応じて、飲み方、効き目、注意事項などを説明します。また、特殊なお薬、特に注意が必要なお薬については説明書を作成してより詳しい説明をおこなっています。

患者さんからの情報収集

当クリニックでは初診の患者さんを中心に、それまでの服薬状況、サプリメントの摂取やアレルギーなどについてお伺いし、医師の診察前にその情報を診療に役立つ情報として院内情報システムに載せています。

お薬の服用について

お薬は通常コップ半分から1杯のお水や湯さましでお飲みください。お水以外で飲むとお薬によっては効き目が変わってしまったり、副作用がでることがあります。最近はお水なしで飲めるタイプのお薬もあります。
(医師から水分制限をされている方はその指示に従って下さい)。
処方日数について

処方日数について

患者さんにお薬を、安全にお使いいただくことができる日数をお渡しします。新しいお薬や、睡眠剤など法律でお渡しできる日数の上限が決められているお薬もあります。また、風邪などの急性の疾患の場合には、その症状に合わせた日数をお渡しします。

お渡ししたお薬について

お渡ししたお薬は、お名前、処方日数等をお帰りになる前にご確認ください。お帰りになってから、あるいは日にちが経ってからでは確認が難しくなることがあります。お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。 また、ご自宅では、直射日光や高温・多湿を避けて保存をお願いします。 冷蔵庫での保存を必要とするお薬については、薬の袋に注意書きがあります。 なお、お薬の袋には、お薬の名前、飲み方、調剤した日など色々な情報が記載されています。お渡ししたお薬を飲み終わるまでお薬の袋は捨てずに保管してください。

お薬手帳の活用について

お薬手帳は処方されたお薬の名前や飲む量、回数などを記録する手帳です。お薬の服用歴や飲み合わせの確認をすることができます。
また、患者さんご自身がお薬を飲んで気になったことなどをメモしておくと診療の際に役立つ情報となります。

※病院や薬局に行くときには必ず持参しましょう。
市販薬を買ったときに記入しておくと飲み合わせなどの確認ができます。

初めて来院される患者さんへ
当クリニックでは初めて来院されたときに、それまでのお薬の服用状況やサプリメントの摂取状況、アレルギーなどの情報を伺っています。お薬手帳や、服薬に関する情報、サプリメントの情報などをお持ち頂くよう願いします。
心臓や血圧のお薬、またそれ以外で受診されて服用されているお薬がある場合、お薬手帳や、服薬に関する情報、サプリメントの情報などすべての情報をお持ちください。